ご連絡はTwitterまで!

【BTCV】どこに上場したの?どんなところ??

うた

こんにちは、うたです!

Bitcoin Vault(以下BTCV)が盛り上がりを見せ、取引可能な取引所も少しずつ増えております。

BTCVを直接買いたい!保有しているBTCVを売りたい!

そんな方のために、今回は取引所について解説していきます!

BTCVはどこで取引できるの?

今現在、BTCVが取引可能な取引所は4つ存在します。

  • Coineal
  • Liquid
  • MXC
  • Hotbit

今回はこの4つの取引所について説明します。

Coineal とは?

まず最初にCoinealについてです。

Coinealは、2018年頭に取引を開始とした比較的新しめの取引所です。

新規取引所でありながら、着々と取引量、流動性を増やしており、

CoinMarketCapCoinGecko等の取引所ランキングでもTOP10に入っていたりします。

日本での知名度はまだ低いかも知れませんが、既に中国・日本・ベトナム・ロシアで展開しております。

昨年日本語の対応を開始したことからも、グローバル化を積極的に狙っている新進気鋭の取引所と言えるでしょう。

Coinealの特徴は、98%の仮想通貨コールドウォレットで管理していること、

ユーザーの資産を保護するためのマルチシグネチャオフラインシグネチャ階層化アーキテクチャを採用し、厳重なセキュリティを施している事です。

ネットワークを通じた攻撃手法であるDDOSに対しても、強力な保護システムを実装しており、リスク管理の高い取引所ということが見て取れます。

CoinealのBTCVの取引ペアはBTCV/BTC“,”BTCV/USDTの二つです。

価格が分かりやすいテザー建て取引が出来ることはメリットです。

Liquidとは?

次はLiquidについてです。

Liquid は、日本国内ナンバー1のセキュリティ評価を得ている取引所です。

顧客資産の100%をコールドウォレットで管理しており、安全性を第一に考えるユーザーにとって優れた取引所とされています。

手数料が安く、スプレッドが狭いことでも有名で、

BTC/JPYは手数料無料、スプレッドも100円以内の事が殆どです。

それに、一部取引所の様に特定入金方法での入金で購入した通貨は一定期間送金に使う事が出来ない、といった事もありません。

但し取り扱い通貨数が少ないこと、日本在住の人が得られない恩恵も存在しており、

BTCVの購入についても、日本在住のアカウントでは行うことが出来ません。

海外に住んでいる方や、BTCをすぐ送金したい方には良いと思います!

MXCとは?

つづいて、MXCについてです。

MXCは、2018年にシンガポールで設立された此方も比較的新しい取引所です。

まだまだ成長途中のプラットフォームではありますが、過去に24時間の調整取引高が1位になったこともあります

対応している言語は、“中国語”、”英語”、”日本語”、”韓国語”、”ベトナム語”、”インドネシア語”とグローバル展開していることが分かります。

MXC日本語利用が出来る数少ない取引所の一つですが、全ページ日本語対応しているわけではないのが注意点です。

MXCBTCV通貨ペアはBTCV/BTC,BTCV/USDTで、Coinealと同じですね。

Hotbitとは?

最後に、Hotbitについてです。

Hotbitは、イギリスに拠点を置く取引所で、日本での知名度はかなり低いと思われます。

エアドロップ草コインが豊富で、ICO直後の通貨取り扱いも積極的に行っています。

有名どころのBinanceで取り扱っていない通貨も複数種取引することが可能です。

この取引所は日本語対応しておらず“英語”、”中国語”、”韓国語”、”ロシア語”、”ベトナム語”、”タイ語”で利用することが出来ます。

何かあったときのサポートが他に比べて面倒な点が注意点です。

また、BTCVの取り扱いは5/20からスタートと一番遅かったため、取引量が他よりも少ない点も注意です。

通貨ペアは、”BTCV/BTC“,”BTCV/USDT“の二つで、変換しやすい通貨となっています。

どの取引所が良いのか?

ここまででBTCV取扱い取引所の解説をしたわけなのですが、

じゃあどこを使えば良いの??

という疑問が出てくると思います。

個人的な見解を大きく含んだ上で、比較していきます。

まず、Liquid取引所は、ないです。

日本人の日本在住アカウントの使い勝手の悪さもそうですが、そもそもBTCVを取引出来ないため、

今回の議題ではナシという判定になります。

続いて、Hotbit取引所。こちらも、ナシです。

取引は出来るものの、日本語対応していない点が使いづらいかなと。

なので、候補として残るのは

  • Coineal
  • MXC

この二つですね。

Coinealの魅力は、BTC建て、USDT建てどちらにも対応しており、

運営の資金管理が殆どコールドウォレットで行われているため安心度が高い点です。

そして、一番最初の上場先ということもあり、一日の取引量も他より活発です。

MXCは、Coinealと通貨ペアは同じですが、出来高がCoineal程無いことが多いです。

取引出来ないことはありませんし、使い勝手は悪くないので、取引量が増えれば期待できるのではないかと思います。

以上の事から、BTCV取引を行う際の(個人的な)お勧め取引所は、

Coineal です!

まとめ

というわけで、今回はBTCV取り扱い取引所のまとめでした。

今後も対応取引所が2週間に1つずつ増える予定らしいです。

App Store対応のアプリも現在制作中で、Google Playのアプリはもう配信されています!

ゆくゆくは、BinanceBitMaxcoinbase、等の大手取引所に参入するかもしれませんね!

今後の動向が楽しみです!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です