ご連絡はTwitterまで!

【MiningCity】バリで行われたグローバルカンファレンス!BTC.COMにいったい何が・・・

どうもこんにちはうたです!

今回現地には行っていないのですが、バリにてマイニングシティグローバルカンファレンスが行われました。

その中で新規の情報がいくつかあったためまとめるのと、それに付随する情報の解説を含ませていきます!

BTC.COMにProjectXのプール設立?!

いきなり出ました。なんぞやと。

皆様BTC.COMという名称は聞いた事ありますか?

BTC.COMとは、ビットコインマイニングにおけるハッシュレート12.3%を担っている会社です(12/10時点)

世界で見ても有数のハッシュレートを出している、このBTC.COM

なんと、この度、そんなBTC.COMに・・・

ProjectXマイニングプールが設立されます!

どのくらいの規模で、ハッシュレートの何割を占めそうか・・・

こういった情報は始まらないと分かりませんが、自社以外にも大手が参入することで得られるメリット計り知れません

ハッシュレートの上昇がコインの安定性を生み、

その安定性がコインの信頼を得て価格が上がるということにも繋がりますし、

BTC.COMが参入しているなら、と参入してくれるマイナーも出てきそうです。

カザフスタン政府認可AIFCに加盟!

そして次は、カザフスタン政府認可AIFCMineBest、そしてマイニングシティが加盟した!ということです。

今までカザフスタン政府公認で活動しており、CEOが国と仲良くしている図が国営放送で流れる等のことはありました。

ですが、誰の目にも分かる形での公認はされていなかったため、

今回正式に政府公認だと開示出来たと言うことです。

AIFCに付いては以下解説です。

AIFCとは?

AIFCとは、 Astana International Financial Centre の略で

日本語でアスタナ国際金融センターというものです。

これはカザフスタンのヌルスルタンにある金融の中心地であり、昨年7月5日に正式に立ち上げられた物です。(wikipediaより)

このHPを複写・転載することはできないため、AIFC HP リンクを貼っておきます。

つまりこの情報から言えることは?

結局この言葉につきると思います。

“じゃあMiningCityどうなるの” 、と

今回公開された情報がもたらす恩恵は、信頼という言葉が似合うのではないでしょうか?

一つ、BTC.COMがProjectXのプール開設を行うことによって得られるハッシュレートの安定

二つ、そもそもBTC.COMが参入する事実

三つ、正式に国に認められ活動を行えること。

上記3点は、大きな躍進であると言えます。

本当に国に認められているのか? 利益配分せずに飛ぶのではないか?

そんな悩みからは解放されたのではないかなと。

AIFCに加盟することで、政府認可での活動になる

そもそも加盟が出来ている時点で、真っ当な事業だと判断されていますね。

BTC.COMが参入することによって、

未上場でありながら世界に認められた通貨

という考えも出来ます。

まとめ

今回公表された情報は、今までの物とは比べものにならないほど期待値が上がったのではないかなと。

企業としての信頼度は、実績と年数を積まないと中々得られる物ではありません。

そんな中、プロジェクトが始まってから1年足らずで国に認められているMiningCityは優秀ではないですか?

事業に絶対はありません。全幅の信頼を置いているわけでもありません

ですが、客観的にみた情報だけで判断しても、

そのリスクを取って参入する価値のある企業ではないかなと。

ProjectXについては、

ビットコインキャシュと同じハッシュになれば

1コイン300ドル(ハッシュ売上300億)

最低価格の500ドル1400日600枚と計算すれば1800万円です。

3500ドルであれば1.5億です!!

資金と環境を整えてきた今、どこまで伸びるか楽しみですね。

来年度は億り人の多い年になることを祈っています!

今回は以上です。ご覧頂きありがとうございました!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です