ご連絡はTwitterまで!

まだ取引所に預けてるの?仮想通貨はハードウォレット一択!!

こんにちは、うたです!

このブログを見ている方の殆どは、仮想通貨を保有しているのではないかと思います。

仮想通貨を取引所で購入して、そのまま預けている。

そんな方はまだまだ沢山いるはずです。

取引所に通貨を預け入れているのは、ある程度リスクがある行為ということはご存じでしょうか?

2019年に入ってからもBITPointがハッキングされ、今なお止まっていますね。

言ってしまえば、銀行が倒産してお金が引き出せないような状況です。

仮想通貨の管理方法は、取引所以外にウォレットを活用する方法があります。

銀行ではなく金庫で厳重に保管するような形です。

今回は、上記のようなリスクを回避できる、ウォレット管理の解説と、紹介をしていきます!

そもそもウォレットとは?

仮想通貨のウォレットとは、通貨を保管する場所の事です。

仮想通貨の電子財布のようなものだと思っていただければ!

セキュリティの高いウォレットであれば、ハッキングなどで盗まれる可能性も低いというメリットがあります。

ウォレットは、秘密鍵と公開鍵を使った暗号システムによって、保有している仮想通貨を守る仕組みです。

公開鍵は誰でも見ることが可能ですが、秘密鍵は公開されません。

安全に仮想通貨を保持するためには、秘密鍵をきちんと管理しましょう!

一概にウォレットといっても、種類は沢山あります。

目的や用途に応じて使い分けることが大切です。

ウォレットの種類ごとに、使い勝手やセキュリティは異なります。

オンラインでつながっているホットウォレット

常にオフラインのコールドウォレット

どちらが安全かは明白ですね!

仮想通貨ウォレットを使うメリット

仮想通貨のウォレットを使用する際のメリットです!

1.資産を分散できる

取引所内だけで保管するのではなく、自分専用のウォレットを用意すれば、その分だけ分散保管することができます。

セキュリティレベルの高いウォレットを利用すれば、ハッキングにも備えることができます。

取引所を信用していない訳ではありませんが、慎重であればあるほど良いと思われます。

2.残高照会や送金がスムーズにできる

ウォレットは電子財布であるため、リアルタイムで残高を確認することができます。

ウォレットの種類も下で説明させて頂きますが

例えばスマホのウォレットに仮想通貨を保管しておけば、スマホだけで送金をすることができますね。

3.カウンターパーティーのリスクを抑えることができる

カウンターパーティとは、取引相手や取引所の事を指します。

万が一、取引所が閉鎖されると、保管していた通貨は取り出せなくなる恐れがあります。

昨今のドイツ銀行でも似たようなことが起きていますし

仮に 今閉鎖中のBITPointがこのままサービス再開 しなかった場合は、そこに通貨を預けていた人は通貨を引き出せなくなりますね。

自身でウォレットを作成してそこに仮想通貨を移動しておけば、このようなリスクをヘッジすることができます。

ただし、自身で秘密鍵を管理する必要があるため、注意が必要です。

ウォレットの種類は何があるの?

仮想通貨を保管するウォレットには、いくつか種類があります。

オンラインウォレット

常にオンラインでつながっているウォレットのことで、クラウド上で提供されているウォレットみたいなものです。

取引所で提供されているウォレットはこのタイプに分類されます。

モバイルウォレット

スマホなどにウォレットのアプリをインストールして使用するタイプです。

うたは、モバイルウォレットのBLOCKCHAINというものを使っています。

手軽かつ・取引所よりも安全です!

デスクトップウォレット

クライアントウォレットと呼ばれることもあります。

パソコンにインストールして使用するタイプです。

ペーパーウォレット

保管している仮想通貨を復元するのに必要な情報を印刷して、紙として保管します。

ハッキングなどの面では安全ですが、保管には気をつけなければいけません。

ただの紙ですからね笑

ハードウェアウォレット

USB状のデバイスや、クレジットカードサイズのカードに保存する形です。

秘密鍵をオフラインで管理することができるため、セキュリティ面においては

オンラインウォレットなどよりも、安全度が高い保管方法です。

うたの一押しは、ハードウォレットです。これ一択まであります。

この記事では、ハードウェアウォレットがいかにすばらしいかを伝え利用者が増えるよう煽動できればと思っております(おい

ハードウェアウォレットの利点

そもそもオフラインで保存しているので、ハッキングがされない。

取引所の倒産リスクをヘッジできる。

そのほかにも

仮想通貨の送金手数料を抑えることができる、ということです。

経験している人もいると思うのですが、取引所の手数料は気持ち高いです。

その一方で、ウォレットからの送金手数料は

自分自身で設定することができます。

早く送金したい場合は高めに設定、急ぎではなければ低めに設定することもできるので、自由度の高さも魅力ではないかと。

ハードウェアウォレットのデメリット部分

此方は、人によって感じ方は違うかもしれませんが紹介させて頂きます。

破損リスクを抱えている。

ハードウェアウォレットは、USB型やカード型などの「形があるもの」です。

持ち歩いている時、事故に巻き込まれる等で破損するリスクは少なからずあります。

購入費用がかかる

取引所のウォレットや、モバイルウォレットは無料で使うことができます。

しかし、ハードウェアウォレットは「形がある物」ですので、購入費用がかかります。

価格は物によるのですが、8000~10000位の物が多いです。

保有している暗号通貨量にもよるとは思いますが、リスクヘッジのためにその価格を出せるかは人によるかなと。

使用方法がわかりにくいことも

ハードウェアウォレットはセキュリティが高い反面、直感的に操作できない物が多いです。

  • 購入後に各種設定を行う必要がある
  • 日本語の情報が少ないものもある
  • セキュリティチェックが多いので送金までの手間が多い
  • セキュリティ強化のアップデートの頻度も高い

安全であるが故の悩みですね。

お金を取るか時間を取るかは人それぞれですので!

お勧めのハードウェアウォレット

ようやくここまで来ました笑

ハードウェアウォレットにも種類があります

一昔前まではUSB型のみだったのが今では選べる時代に。

そんな中でも、新しい物大好き人間のうたはカード型ウォレットを推しています!

以下ではお勧めの二つのカード型ウォレットを紹介します。

FuzeW(フーズダブリュー)

シンプルかつ、黒基調にゴールドのアクセントが入ったスタイリッシュなハードウェアウォレットです。

此方はクレジットカードと同じサイズなので、スマホケースや財布に入れて持ち運びも可能です。

カードについてるボタンは3つだけ

ハードウェアウォレットのデメリットの一つである直感的な操作ができない、をある程度改善できています。

そして、専用アプリもリリースされており、スマホ一つで取引をすることも可能です

正規ストアでアプリをリリースしている、という信用も付いてきます。

そのアプリとBluetooth通信で操作を行えるため、手軽さもあると言えます。

この点も「FuzeW(フーズダブリュー)」の魅力ではないかなと。

以下FuzeWの公式ページです。是非ご覧ください。

Sugiカード

こちらも上記したFuzeW(フーズダブリュー)と同じカードタイプの「Sugiカード」というハードウェアウォレットです。

デビットカード(クレジットカード)のような見た目をしています。

一体これをハードウェアウォレットと気づく人がどれだけいるのでしょうか。

こちらも専用のスマホアプリがリリースされており、Bluetoothで操作することができます。

価格としてはFuzeWより多少安いくらいです。

見た目がクレジットカードよりな分、ボタンや液晶は付いていないため

利便性という意味ではある意味ハードウェアウォレットらしさを持っています。

ハードウェアウォレットで保管したい、スマホで見れれば十分ということであれば

安価なSugiカードを選ぶのはありだと思います。

以下公式サイトです

まとめ

以上で各種ウォレットの解説と、うた推しハードウェアウォレットのダイマでした!

今後も暗号通貨触るつもりなら、ハードウェアウォレットは確実に持っておくべきだと思います。

辛口になってしまいますが、その数千円をケチって先のリスクを取るのは愚の骨頂だとすら感じます。

通貨の売買は取引所で、その通貨の保管はハードウェアウォレットで。

すぐ送金する予定や、支払いに使う等であればそこまできにする必要もないかもしれませんが

暗号通貨を資産として持つのであればお金で解決できるリスクは取り除いていきましょう。

まずは手軽に扱えるモバイルウォレットからでもいいと思います。

今からでもセキュリティの高いウォレットを使う習慣をつけていきましょう〜!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です